2017年7月30日日曜日

こんなスピンオフを検討中

タイトル

精神アースクェイク覚

あらすじ

 道路族と呼ばれている熊本地区の衆院議員の二階堂利次。
 彼は「走り屋」を嫌い、峠の廃道化に反対していた。

 廃道化によって走り屋が合法化された現在でも、道交法を昔のように厳しくしたいことから「走り屋は迷惑な存在」と考え、まずは地元である熊本の峠から走り屋を峠から追い出そうと考え、同時に廃道となった峠を国道や県道、里道に復帰させることも企んでいた……。

 さらにはその目的を実現するために大手企業やS.R.Pの手も借りる。

 それを阻止するために、飯田覚はサラマンダー財団と共に立ち向かう。

登場人物

飯田覚

イメージCV:田中美海

このスピンオフの主人公で、搭乗車種はアルシオーネSVX。

二階堂利次

イメージCV:石井康嗣

熊本地区の衆院議員で、道路族。
走り屋を迷惑な存在だと考え、道交法を厳しくしようと考えている。
ある黒い噂が流れている……。

野中俊樹

二階堂の運転手。搭乗車種はトヨタ・センチュリー(05年式)
二階堂の言う事には忠実であり、彼同様に走り屋を邪魔者扱いしている。
邪魔な走り屋は、チューニング仕様のセンチュリーでやっつける。
送迎では使わないものの、覚醒技を持っている

夜俣千速(やまた・ちはや)

CV:藤村歩
熊本トップクラスの企業・株式会社ヤマタの社長。搭乗車種は光岡・オロチ。
二階堂を支持している。
部下を自分の道具として見ないほど冷酷な性格であり、例え部下が体調を崩しても働かせるほど。

刀山斧路

CV:萩野崇
株式会社ヤマタの副社長。

竹中シブヤ(ちくなか・-)

株式会社ヤマタの社員。搭乗車種はホンダ・トゥデイ(初代)
連続出勤に苦しんでいる社員であり、覚やサラマンダー財団に助けを求める。

島城詩華(しましろ・うたか)

株式会社ヤマタの社員。搭乗車種はダイハツ・エッセ。

2017年7月29日土曜日

森本ひさ子の不幸リストその3

ACT.8

・野球ボールが当たって転倒し、挙句にサッカーボールとテニスボールに当たってしまう。
(その後、投げた部員は謝罪した)
・愛車に鳥の糞が付き、自分の髪の毛にも鳥の糞が付く。

2017年7月28日金曜日

精神アースクェイク虎 ACT.8「部長決定戦」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8466241


今回のあらすじ

 スプリントレースとキャノンボールレースへ向け、部長決定戦も兼ねたレースが箱石峠で行われることが決定した。
 下校する頃、虎美たちの影に怪しい男女が追ってくるものの、実は彼らは……。

2017年7月26日水曜日

大久保桜子さん誕生日記念絵


この前、大久保桜子さんが誕生日を迎えられた記念に、大久保桜子さんが宇宙戦隊キュウレンジャーで演じられているハミィのコスプレを大崎翔子にさせてみました。

2017年7月25日火曜日

2017年7月24日月曜日

精神覚醒走女のオオサキ ACT.31「伝説の走り屋」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8452552

今回のあらすじ

伝説の走り屋·斎藤智と葛西三姉妹の母親·葛西ウメとのバトルが始まった。
 ウメは作戦通り、下手に走るという作戦で智に対抗したものの……。

注目ポイント

下手糞なウメの運転

・ウメは智のR35の弱点であるブレーキに対して負担を与えるために、ベテランとは思えない下手くそな運転をわざと行います。

ウメの作戦について、智は?

・わざと下手糞な走りをするウメにし対して、智はどう戦うのでしょうか?


2017年7月23日日曜日

首都高バトルXTREMEで再現した智姉さんのR35



首都高バトルXTREMEというゲームで、智姉さんのR35を再現してみました。
 リアが結構似ておりますね。

2017年7月20日木曜日

精神アースクェイク虎 ACT,7「麻生北高校」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8432789

今回のあらすじ

 学校生活を再開させた虎美は、震災後の傷跡を思わせないほどの不自由のない学校生活を過ごしていく。
 


2017年7月19日水曜日

クマさんのウェディングドレス

クマさんのイメージCVである佐藤聡美さんが結婚されたので描いてみました。

2017年7月18日火曜日

精神アースクェイク虎 第2巻表紙

表紙には飯田覚(左下)とその愛車であるアルシオーネSVX(左上)、森本ひさ子(右下)とファミリアGT-R(右上)が描かれております。

2017年7月16日日曜日

2017年7月14日金曜日

精神覚醒走女のオオサキ ACT.30「葛西ウメ」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8408456


あらすじ

オオサキと智はいつも通り練習していたものの、智の方はいつもより本気で走行していた。
それには理由があった。

2017年7月7日金曜日

【企画】60のスカイラインと50のロータリー

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=63725118


 ◎がいよう

 今年でスカイライン生誕60周年、ロータリーエンジン市販車発売50周年です。
 そこで、こんな企画を開催してみました。
 スカイラインとロータリー車を描いたり、イメレスをする企画です。
 

 ◎きかくきてい

・スカイライン系のクルマ、ロータリーエンジンの車(例:RX-7、RX-8、コスモなど)の画像を投稿する企画です。
・作風は自由です。
・2D、3D、プラモデルもおkです。
・小説でもおkです。
・クルマ+人物でもおkです。
・発表の際はイメージレスポンス及び、タグに「【企画】60のスカイラインと50のロータリー」を付けることをお願いします
・開催期間は今日から9月10日までです。
・参加はプロ・アマ問いません

 ◎おといあわせ

・わからないことがあれば、質問してください

 では、皆様の力作をお待ちしております。

2017年7月5日水曜日

小説へのこだわり6

主人公補正のやり過ぎはダメ


主人公補正は玉ねぎと同じで嫌いです。

主人公補正とは、
・主人公が強すぎ
・主人公が味方の活躍を奪うほどの大活躍
・主人公が極端な幸運と不幸を持つ
・主人公が人の恋人を奪うほどモテモテ
とか、のことを言います。

主人公補正をやり過ぎると主人公を魅力を失い、他のキャラの魅力も失い、さらには主人公がうざくなります。

精神アースクェイク虎に登場するキャラ、飯田覚は当初かませ犬を前提に能力を強くしましたけど、主人公補正したくないあまり準主人公らしく活躍させようと決めております。

逆に主人公補正をやり過ぎたら、主人公を闇落ちさせるか、味方キャラに主人公に対する嫉妬の感情を抱かせた方がいいと思います。



2017年7月3日月曜日

精神アースクェイク虎 ACT.6

リンク


あらすじ

 箱石峠で大竹を追い出した虎美たち。
 サラマンダー財団へ戻ると、虎美が覚醒技を手に入れたキッカケとマスコミの横暴さについて語り合う。

2017年7月2日日曜日

森本ひさ子の不幸リスト

精神アースクェイク虎の運の悪い準主人公・森本ひさ子に起きた出来事を載せます

ACT.6

・ファミリアが道路の溝に脱輪する
・風で飛んだ看板がファミリアのフロントガラスに直撃
・加藤虎美を轢きそうになる
・朝礼に遅れそうになってダッシュすると、体力の無さが原因で虎美と覚に置いていかれる。