2018年3月13日火曜日

脚本家ランク付け

 作品の評価というのは、全体の7割がストーリーを考えている脚本の質で決まるものです。
 そこで、脚本家の腕をSランク~論外で決めてみました。

 ※ただしすでに亡くなられている方々は入れません

Sランク脚本家

彼らが脚本だと聞いたとき、絶対見るレベルです。

小林靖子

・代表作:ジョジョの奇妙な冒険、仮面ライダー電王、侍戦隊シンケンジャー、賭ケグルイなど
・自分の一番好きな特撮脚本家です。

加戸誉夫

・代表作(脚本家として):競女!!!!!!!!など
・アニメ監督としても活動されている脚本家です。

中島かずき

・代表作:キルラキル、仮面ライダーフォーゼなど
・劇団新感線の脚本家で、かつては双葉社の編集者であり、クレヨンしんちゃんの担当を務めておりました。

三谷幸喜

・代表作:真田丸、新撰組!、古畑任三郎シリーズなど
・俳優としても活動されている脚本家です。

樋口達人

・代表作:クロスアンジュ天使と龍の輪舞、ヘボット(サブライター)など

宮藤官九郎

・代表作:あまちゃん、ごめんね青春、タイガー&ドラゴンなど

高橋悠也

・代表作:仮面ライダーエグゼイド、エンジェルハートなど

荒川稔久

・代表作:アクションヒロインチアフルーツ、仮面ライダークウガ、特捜戦隊デカレンジャーなど

大森寿美男

・代表作:風林火山、てるてる家族など

小林英造

・代表作:クロスアンジュ天使と龍の輪舞など

三条陸

・代表作:仮面ライダーW、仮面ライダードライブ、獣電戦隊キョウリュウジャーなど

香村純子

・代表作:怪盗戦隊ルパンレンジャーvsパトレンジャー、動物戦隊ジュウオウジャーなど

大森美香

・代表作:あさが来たなど

都築真紀

・代表作:リリカルなのはシリーズなど

浦畑達彦

・代表作:Aチャンネル、境界線上のホライゾンなど

浦沢義雄

・代表作:激走戦隊カーレンジャーなど

坪田文

Aランク

Sランクほどではないですが、彼らが起用されると期待が高まります。

會川昇

・代表作:仮面ライダー剣、轟轟戦隊ボウケンジャーなど

井上敏樹

・代表作:仮面ライダー555、鳥人戦隊ジェットマンなど

中野貴雄

・代表作:ウルトラマンオーブなど

吉田玲子

・代表作:ガールズ&パンツァーなど

森下佳子

・代表作:おんな城主直虎、天皇の料理番(2015年版)など

武上純希

Bランク

期待と不安のグレーゾーンです。

毛利宣宏

・代表作:宇宙戦隊キュウレンジャーなど

中園ミホ

・代表作:ドクターX、花子とアンなど

岡田磨里

・代表作:selector infected WIXOSS、花咲くいろはなど

Cランク

彼らには不安が大きいです。
しかし、いい作品を作ってくれることを願いたいです。

米村正二

・代表作:仮面ライダーカブト、スマイルプリキュア!など

高橋ナツコ

・代表作:ろんぐらいだぁす!など

福田卓郎

・代表作:仮面ライダーゴーストなど

吉野弘幸

・代表作:ビビッドレッド・オペレーションなど


論外

彼らが起用された時点で見ないレベルです。

田渕久美子

・代表作:江姫たちの戦国、篤姫など

小松江里子

・代表作:天地人、どんど晴れなど

ピエール杉浦

・代表作:くまみこ、

高橋ナツコ(百合作品以外)

・詳しい部分は上記で解説します。
・百合作品では面白い作品を描きますが、逆に百合が絡まない作品では面白くない作品を描いてしまいます。
・原作レイプがとても多く、原作付きの作品のアニメ化作品では原作ファンから反発するような出来に仕上げてしまい、會川昇氏と違ってアニメ版のファンを獲得することはほとんどないらしいです。

那須真知子

・代表作:実写版デビルマンなど
・小松江里子と並ぶ、両澤千晶タイプの脚本家です。
(ただし彼女が脚本になったのは夫の誘いではなく、夫の監督デビューより彼女の脚本家デビューのほうが速いらしいです)
・実写版デビルマンでは、漫画の映像化作品として最も失敗した作品にしてしまったようです。
(後にデビルマン基準という言葉が出来てしまうほどです)

大島里美

・代表作:花燃ゆ

宮村優子

・代表作:花燃ゆ
・ちなみにアスカの声優とは関係ありません。

金子ありさ

・代表作:花燃ゆ

橋田壽賀子

・代表作:渡る世間は鬼ばかり

マギー

・代表作:地獄先生ぬ~べ~(実写版)、ドラマ版こち亀
・俳優としても活動されている脚本家ですが、某モデルの名前とは関係ありません。
・癖の強い作風であり、笑える人に笑えるコメディを得意としておりますが、一方で原作を壊すような内容が多く、漫画好きからは評価が低いです。

北川悦吏子

0 件のコメント:

コメントを投稿